AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
お知らせ
独立行政法人都市再生機構電子入札システムをご利用の方へ

AOSignお知らせ
独立行政法人都市再生機構電子入札システムをご利用の方へ

平成28年12月22日

平成29年1月4日より独立行政法人都市再生機構電子入札システムは新システムへ移行いたします。

現在 独立行政法人都市再生機構電子入札システムをご利用の方は、新システムのJavaポリシーが必要となりますので、新しいJavaポリシーの登録を行ってください。新しいJavaポリシーの登録を行わない場合、平成29年1月4日より運用される新システムに接続できませんので、早めに以下の【Javaポリシー更新手順】に従って設定してください。

※Javaポリシーの設定を平成29年1月4日以前に行っても、現在の電子入札システムの運用に影響はありません。

(移行スケジュール等詳細につきましては独立行政法人都市再生機構電子入札システムをご確認ください。)

Javaポリシー更新手順

  1. デスクトップ上の「Javaポリシー設定ツール」のアイコンをダブルクリックします。

    デスクトップ上に「Javaポリシー設定ツール」のアイコンが無い場合は、次の手順で起動できます。

    • Windows VistaおよびWindows7の場合は、[スタート]-[すべてのプログラム]-[NDN日本電子認証]-[NDNプログラム定期更新ツール]をクリックし、『Javaポリシー設定』をクリックします。
    • Windows8.1の場合は、[スタート]-[アプリ]-[NDN日本電子認証]-[NDNプログラム定期更新ツール]をクリックし、『Javaポリシー設定』をクリックします。
    • Windows10の場合は、[スタート]-(すべてのアプリ)-[NDN日本電子認証]-[NDNプログラム定期更新ツール]をクリックし、『Javaポリシー設定』をクリックします。

  2. 「ユーザーアカウント制御」画面の『続行(C)』または『はい(Y)』をクリックし、「インターネットに接続し、発注機関情報の取得を行います」のメッセージが出ますので『はい(Y)』をクリックします。
  3. 「以下の設定済み発注機関の情報に変更があります」のメッセージが出ますので「独立行政法人都市再生機構」が掲載されていることを確認し、『OK』をクリックします。

    *

  4. 「発注機関の情報更新に成功しました」のメッセージを確認し『OK』をクリックします。

    *

  5. Javaポリシー設定ツールの画面を閉じます。