電子証明書活用サービス

ホーム
電子証明書を活用いただくために

電子証明書を活用いただくために

弊社が発行する電子証明書を有効活用いただく為の情報公開ページです。
※情報をお知りになりたい用途をクリックしてください。

電子署名・電子認証ツールのご紹介

AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスを電子署名・電子認証にご利用いただくための情報としまして、稼動検証ができているアプリケーションおよびサービスを紹介しています。

ご紹介内容

電子証明書の機能である電子署名および電子認証機能において、以下のアプリケーションツール並びにクラウドサービスでの利用が可能となっています。

アプリ・サービス名 提供者 製品・サービス形態 主な電子証明書機能 AOSign 法人認証 CI-Standard 特長等
Adobe Reader DC アドビ PCツール PDF署名、長期署名 タイムスタンプとの組合せ利用可
SkyPDF Professional 2016 スカイコム PCツール PDF署名、長期署名、PDF/A作成 タイムスタンプとの組合せ利用可
SkyPDF Archiving Signature スカイコム サーバパッケージ PDF署名、一括発行署名付与 年末調整用控除証明書発行等
SkyPDF Touch Ink for win スカイコム タブレットツール PDF署名、手書サインへの非改ざん証明 申込書への手書きサイン一体化
MS-Office2007以降、365 マイクロソフト PCツール XML署名 タイムスタンプとの組合せ利用可
電子認証キットPRO リーガル PCツール P7署名、証明書内容参照、有効性検証 電子定款への電子署名
KAITOセキュリティブラウザ JMAS PCツール 電子認証 テレワーク、BYOD

上記の情報を参考の上、AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスを電子署名・電子認証にご利用いただければ幸いです。 なお、製品やサービスおよびOSのバージョン等により動作が不可能となる場合も想定されますので、ご注意願います。 また、製品およびサービスの詳細に関しましては、各提供者様にご確認いただきますようお願いします。

PDFフォームonタブレットにおける担当者電子署名の活用イメージ

PDFフォームonタブレットにおける担当者電子署名の活用イメージ

社会保険・労働保険電子申請アプリのご紹介

AOSignサービスおよび法人認証カードサービスを電子申請にご利用いただくための情報としまして、稼働検証ができているアプリケーションおよびサービスを紹介しています。

ご紹介内容

社会保険・労働保険の電子申請において、e-Govを利用しての個別Web入力による電子申請に加え、以下のアプリケーションパッケージおよびクラウドサービスでの一括申請およびAPI連携による電子申請が可能となっています。

アプリ・サービス名 提供者 製品・サービス形態 AOSign 法人認証 特長等
e-Gov電子申請
プログラム
総務省 無償ダウンロード 個別Web入力方式
届書作成プログラム 日本年金機構 無償パッケージ 連記式、CSV添付に対応
ろうむ in One (株)クリックス パッケージ シンプルな操作性、コストパフォーマンス大
ARDIO (株)三菱電機
ビジネスシステム
パッケージ 既存システムと連携、大量データ処理に対応
ジラフィ (株)三菱電機
ビジネスシステム
クラウドサービス 申請データの読込・申請から公文書配信まで

上記の情報を参考の上、AOSignサービスおよび法人認証カードサービスを電子申請にご利用いただければ幸いです。 なお、製品やサービスおよびOSのバージョン等により動作が不可能となる場合も想定されますので、ご注意願います。 また、製品およびサービスの詳細に関しましては、各提供者様にご確認いただきますようお願いします。

電子申請関連情報について

  1. 社会保険電子申請の義務化動向(リンク:首相官邸ホームページ)
    2-4電子的申請の義務化:一定規模以上の事業所については、原則、オンライン又はCD/DVDによる申請とする。


  2. 社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)(リンク:厚生労働省ホームページ)
    社会保障分野に関するマイナンバー制度の情報を掲載しています。


  3. 一括申請について(リンク:e-Govウェブサイト)
    一括申請機能に関する説明になります。


  4. 一括申請(API連携)対象手続きについて(リンク:e-Govウェブサイト)
    e-Gov側が一括申請にて受け入れ可能な手続きの一覧になります。


  5. 外部連携API対応ソフトウェア・サービス一覧(リンク:e-Govウェブサイト)
    API連携機能に対応しているソフトウェア・サービスの一覧になります。
    各ソフトウェア・サービスがどのような手続きに対し、API連携機能を提供しているのかは、各ソフトウェア・サービスプロバイダのホームページ等を確認する必要があります。


  6. e-Gov電子申請用プログラム(リンク:e-Govウェブサイト)
    e-Govが提供するWeb画面入力にて電子申請を行う場合に必要となります。


  7. e-Govを利用した社会保険・労働保険電子申請マニュアル(リンク:厚生労働省ホームページ)
    e-Govが提供するWeb画面入力を利用するための準備および操作マニュアルです。


  8. e-Govを利用した電子申請における申請時データの保存と再利用について
    e-Govを利用して電子申請に利用したデータをパソコン等に保存しておき、次回の申請時に必要な部分を更新(あるいは修正)して再度電子申請に利用することができます。
    申請時データの保存(リンク:e-Govウェブサイト)
    申請時データの読み込み(再利用)(リンク:e-Govウェブサイト)


  9. 届書作成プログラム(リンク:日本年金機構ホームページ)
    電子媒体による届書の作成および電子申請(12手続)を行うことができます。


  10. 仕様チェックプログラム(リンク:日本年金機構ホームページ)
    電子申請の作成データを送信前にチェックするプログラムです。


  11. 雇用保険電子申請における照合省略について
    照合省略が承認された事業主は雇用保険電子申請において、一部添付書類の提出が省略可能となります。
    照合省略対象事業主について(出典:厚生労働省ホームページ)
    電子申請利用の際の確認書類の照合省略に係る申出書(リンク:厚生労働省東京労務局ホームページ)


  12. 雇用保険電子申請における照合省略の承認による添付書類の省略について(出典:厚生労働省山口県労働局ホームページ)
    雇用保険電子申請の手続について、省略可能な添付書類と必要(省略不可)となる添付書類について整理しています。


  13. 電子公文書の取得手順について(出典:e-Govウェブサイト)
    電子申請を行った場合、行政機関が発行する公文書を電子データにて受け取ることができます。


  14. 電子公文書の検証について(リンク:e-Govウェブサイト)
    電子公文書に付与された電子署名の検証を行います。

電子申告・納税アプリのご紹介

AOSignサービスおよび法人認証カードサービスを電子申告・納税にご利用いただくための情報としまして、稼働検証ができているアプリケーションおよびサービスを紹介しています。

ご紹介内容

電子申告・納税において、e-Taxソフトを利用しての電子申告に加え、以下のアプリケーションパッケージおよびクラウドサービスでのAPI連携による電子申告が可能となっています。

アプリ・サービス名 提供者 製品・サービス形態 AOSign 法人認証 特長等
e-Taxソフト 国税庁 無償ダウンロード
PCDesk 地方税電子化協議会 無償パッケージ 連記式、CSV添付に対応
ASP1000R TKC クラウドサービス 国税・地方税・消費税の一括申告対応
eConsolitax TKC クラウドサービス 上記に加え、連結納税対応

上記の情報を参考の上、AOSignサービスおよび法人認証カードサービスを電子申告・納税にご利用いただければ幸いです。 なお、製品やサービスおよびOSのバージョン等により動作が不可能となる場合も想定されますので、ご注意願います。 また、製品およびサービスの詳細に関しましては、各提供者様にご確認いただきますようお願いします。

電子申告・納税関連情報について

  1. 電子申告の義務化について
    平成30年度税制改正の大綱(六納税環境整備  1申告手続の電子化促進のための環境整備 102頁〜106頁)
    資本金1億円超の大企業に対し2020年4月より法人税・地方税・消費税について電子申告が義務化されます。


  2. 年末調整手続の電子化について
    平成30年度税制改正の大綱(六納税環境整備  2年末調整手続の電子化 107頁〜108頁)
    生命保険料控除証明書、地震保険料控除及び住宅ローン控除証明書等の電磁的方法による提出が可能となります。
    その際、これらの電子発行について、発行者の電子署名および電子証明書が必要となります。


  3. 電子申告のインセンティブについて
    1)青色申告の電子申告にて10万円控除
    平成30年度税制改正の大綱((5)青色申告特別控除 5頁〜6頁)
    2020年1月より自営業者や個人事業主が紙ではなく電子申告を利用した場合に、控除の金額が10万円増となります。
    2)添付資料の提出不要
    平成30年度税制改正の大綱(4 税務手続の電子化等の推進 63頁〜64頁)
    確定申告等に添付する必要がある、収用等に伴い代替資産を取得した場合の特例等の第三者作成書類については、添付することに代えて保存することで制度適用が認められます。
    また、連結納税の承認の申請書を提出した旨の届出書等の書類については、連結子法人となる法人又は連結子法人による提出が不要となります。

電子契約アプリ・サービスのご紹介

AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスを電子契約にご利用いただくための情報としまして、稼働検証ができているアプリケーションおよびサービスを紹介しています。

ご紹介内容

GtoBにおける電子契約に加え、BtoBおよびBtoCにおきましても、以下のアプリケーションパッケージおよびクラウドサービスを利用しての電子契約が可能となっています。

アプリ・サービス名 提供者 製品・サービス形態 AOSign 法人認証 CI-Standard 特長等
CECTRUST CEC.COM クラウドサービス PDF署名、タイムスタンプ
CIWEB CEC.COM クラウドサービス CI-NET対応
WEBCON 富士通マーケティング クラウドサービス CI-NET対応
LitesNEO NEC クラウドサービス CI-NET対応
LitesNAVI シーイーエヌソリューションズ PCパッケージ CI-NET対応
e契約キット アイサンテクノロジー PCツール XML署名、タイムスタンプ
電子なつ印名人 コニカミノルタビジネスソリューションズ クラウドサービス ファイル署名、タイムスタンプ
いしけんeコマースネット 石川県総合建設業協同組合 クラウドサービス ファイル署名、タイムスタンプ
アイセンス電子契約サービス アイセンス クラウドサービス ファイル署名、タイムスタンプ

上記の情報を参考の上、AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスを電子契約にご利用いただければ幸いです。 なお、製品やサービスおよびOSのバージョン等により動作が不可能となる場合も想定されますので、ご注意願います。 また、製品およびサービスの詳細に関しましては、各提供者様にご確認いただきますようお願いします。

その他サービス利用に関するご紹介

AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスをご利用いただくための情報としまして、稼働検証ができているアプリケーションおよびサービスを紹介しています。

ご紹介内容

BtoBおよびBtoC環境におきまして、以下のアプリケーションパッケージおよびガイドラインへの適用が可能となっています。

アプリ・サービス名 提供者 製品・サービス形態 AOSign 法人認証 CI-Standard 特長等
建築確認検査電子申請 日本ERI クラウドサービス
設計図書の電磁的記録による長期保存 日本文書情報マネジメント協会 ガイドライン
電子定款 日本公証人連合会 電子申請システム 登記・供託オンライン申請システム経由

上記の情報を参考の上、AOSignサービス、法人認証カードサービスおよびCI-Standardサービスを各アプリ・サービスにご利用いただければ幸いです。 なお、製品やサービスおよびOSのバージョン等により動作が不可能となる場合も想定されますので、ご注意願います。 また、製品およびサービスの詳細に関しましては、各提供者様にご確認いただきますようお願いします。

ICカードインタフェースについて

AOSignサービス及び法人認証カードサービスが提供するICカードインタフェースについて、以下に紹介致します。

1)電子入札コアシステムインタフェース
一般財団法人日本建設情報総合センタ(JACIC)の提供する電子入札コアシステムのインタフェース仕様に基づくAPIを提供します。
このAPI仕様に基づく業務アプリケーション等の開発および利用にはJACICの許可が必要となります。

2)PKCS#11インタフェース
RSA Securty社が提唱する暗号トークン(耐タンパ性ICカードやUSBキー等)へのAPIを提供します。
PKCS#11ライブラリ名等、詳細情報は弊社までお問い合わせください。

3)MS-Windows CSPインタフェース
Microsoft社のCryptoAPI仕様に基づくAPIを提供します。
Windows PCおよびServerにて、Windows証明書ストアへの電子証明書(および公開鍵)登録、或いはレジストリに登録されたCSP名を指定して暗号化処理等を実行します。
CSP名等、詳細情報は弊社までお問い合わせください。

4)MS-Windows CNGインタフェース
Microsoft社の次世代CryptoAPI(CryptoAPI Next Generation)仕様に基づくAPIを提供します。
KSP名等、詳細情報は弊社までお問い合わせください。