お知らせ

ホーム
日本電子認証について
お知らせ
AOSignサービスの営業開始について

日本電子認証お知らせ
AOSignサービスの営業開始について

平成14年10月28日

当社は、国土交通省はじめ各府省、多くの地方公共団体において導入される電子入札コアシステム対応のICカード申込の受付を他に先駆けて平成14年11月1日(金)より開始します(ICカードの発行は、原則、平成15年1月からです。)。

国土交通省は、平成15年4月より電子入札コアシステムに移行し、全ての直轄事業(約57,000件)について電子入札を実施することから、来年度同省の入札に参加するためには4月以前にICカードを取得する必要があります。

AOSignサービスのお申込方法等詳しい情報については、平成14年11月1日に当Webサイトにて公開いたしますので、もうしばらくお待ち下さい。

AOSign(アオサイン)サービスの特徴

信頼性

  • 電子入札コアシステム対応認証局として電子署名法の認定取得第一号
  • 電子入札コアシステム対応認証局としてGPKI接続認定第一号予定
  • 前払金保証事業会社、建設企業、金融機関、ITベンダーで作った業界のための認証局

料金体系

  • 企業単位で複数枚の申込をすると割安です。
  • 次回も継続して申込むと割安です。
  • 人事異動、紛失、PINの誤入力などのため有効期間中にICカードが使用できなくなった場合、失効手続をすることにより料金の一部を返金(一定期間以上有効期間が残っている場合)することがあります。

申込書の手軽な入手

申込書類は以下の方法で入手することができます。

用語解説

電子署名及び認証業務に関する法律 電子署名法とも呼ばれる。主に、(1)電磁的記録の真正な成立の推定と(2)特定認証業務に関する認定制度の2つから成る法律である。
認定認証業務 電子署名法の主務官庁(総務省、法務省、経済産業省の3省)より認定された信頼できる特定認証業務のこと。
電子入札コアシステム 電子入札コアシステム開発コンソーシアムにて開発される汎用性の高い電子入札システムのこと。今後各府省、地方公共団体を含む発注機関に普及することが期待されている。
政府認証基盤(GPKI) 電子政府実現のための取り組みの一つで総務省ブリッジ認証局と各府省の認証局から構成される認証のインフラ。これに対し、地方自治体では「地方公共団体における組織認証基盤」(LGPKI)が整備されている。